ウィングのHPへようこそ 本文へジャンプ
サンプル一覧へ戻る

アクセスの中からメールをVBAで発信する。


アクセスの中から MicroSoft Outlook を呼び出して、ファイルを添付し、メールを発信する。
<ソース例>

Dim mypath As String
Dim myOL As Object
Dim myMail As Object

mypath = "c:\test.lzh"            'メールに添付するファイルをフルパスで指定する
Set myOL = CreateObject("Outlook.Application")
Set myMail = myOL.createitem(0)
With myMail
   .to = "xxx@ps-wing.com"          '送信する宛先のアドレス
   .Subject = "資料データの送信"      '件名を指定
   .Attachments.Add (mypath)
   .Body = "資料データを送信します。"   '添付ファイルを指定
   .send 'メールを発信する
End With
Set myMail = Nothing
Set myOL = Nothing


《注意点》
モジュール編集画面で「ツール」→「参照設定」で Microsoft Outlook のオブジェクトライブラリを参照可能にしておく必要があります。
参照設定のサンプル
上から4番目に「Microsft Outlook 11.0 Object Library」を参照してある。この11.0がOutlookによってバージョンが違うので使用しているOutlookを設定します。
ちなみにこのOutlookは2003です。
また、Outlookは電子メールアカウントの設定がされていることが前提になります。

《実行》
実行すると、下記の画面が表示されます。
この画面で「はい」を押すと、終了します。

サンプル一覧へ戻る
 

Copyright(C) 2006 Wing